世界の果てを目指して旅をしたことがあるか?

『グランディア』というゲームを知っている人はそこそこいると思う(願望)。1997年にセガサターンで初出の王道RPGだ。そう、まさに"王道"の冠に相応しいゲームだと思う。

▲OPがこれ。最高。

今北あらすじ的には、亡き父と同じく冒険者を目指す主人公が、世界を二分する壁「世界の果て」を目指し、様々な人と出会って、成長していく、本当に"よくある"物語。

冒険もの少年漫画をそのままゲームにしたみたいなベッタベタなストーリーだけど、最高に面白いです。オタクはすぐに順位付けをしたがるけど、「人生で一番面白かったゲームは?」と訊かれたら迷わずグランディアを挙げるくるいには好き。ちなみにナンバリングタイトルとして何作かあるんだけど、とりあえず初代のみやっとけば大丈夫です。というか初代以外やる必要はないです。

ストーリー、キャラクター、グラフィック、音楽、どれをとっても当時のレベルだと文句ないし、今プレイしても十分すぎるレベル。

▲戦闘システムも(当時の自分の視点では)独特で、基本的には右下のゲージの進みで行動順が決まるんだけど、相手の行動妨害したり、タイミングによってはキャラを移動させて攻撃避けたり、なかなかに戦略も必要で大変。当時RPGでまともにプレイした事があったのがFF、DQ、聖剣伝説、テイルズ、ポケモン、天外魔境ZEROくらいしかなかった自分にとっては初めてのシステムで、すげー新鮮で楽しかった。コマンド制なんだけどリアルタイムで動いてる的な。あと、キャラがめちゃくちゃ動くし喋る。技とか魔法とかちょーかっこいい。

セリフもフルボイスではないものの、イベント時はほぼボイスあるし、とにかくキャラが動くので"生きてる"感がすごい。

冒頭でちらっと出した「世界の果て」に到着した時の感動は今も忘れてないし、各イベントもほとんど覚えてる。もちろん、"王道"RPGなんで最終的には世界を救うんだけど、ラストは号泣ですわ。当時中学生な自分は、人生で初めて泣いたゲーム。他に泣いたゲームはギャルゲーしかない。

とまぁ、ダラダラ書いたんだけど、そんな神ゲーのHDリマスター版がSteamで出たっぽいんでみんなやろう。日本語版はもうちょい先になるみたいだけど。価格は2050円。アンリミテッドサガの中古が20本買えそうな価格だけども、絶対面白いから是非プレイしてほしい。

▲めちゃめちゃきれいになってる。