その他 人生

テレビデオにエッチビデオを詰まらせた話(後編)

迄ノ荒筋

前編

中学生僕は親父のテレビデオに「麗しのキャンペーンガール3 私、ナンでもいいんですぅ…‼︎」を詰まらせてしまう!エッチな気持ちは健全ではあるけれど、早く取り出さないと親が帰ってきて全てが終わってしまう!助けて城之内!

救出編

テレビデオの挿入口からエッチビデオを取り出すのはなかなか難しそうと判断した僕は、テレビデオ自体を分解してしまえば全て解決すると判断。天才か?テレビデオの裏側を調べるとどうやらプラスドライバーで開けられそうなので、急いで工具箱の元へ。道中、特に護廷十三隊の刺客もいなかったのでスムーズにプラスドライバーを回収することができた。気分はさながらフェイスレス。分解はお手の物さ。

プラスネジにドライバーをゆっくりと挿し、ぐるりと回す。数本のネジを全て外し、本体ケースをガタガタと動かすと、ケースが外れた。この時点で勝ちを確信し、口元が緩む。締りがない口だ。当然勝てるわけもなく、基盤やらケーブルやら、ゲームボーイカラーのスケルトンモデルで見てきたレベル以上の状況が目の前に広がっていた。

しかし、そこで諦めると人間界も尸魂界も虚圏も全て終わってしまう。朽木白哉にも頼まれたし、中学生僕は斬魄刀(プラスドライバー)を握りしめ、再び戦地へ向かう。

とりあえず、テレビデオの内部はホコリがやばかったので、掃除機を持ってきて掃除をすることにしました。急がば回れ。いい言葉だとは思いますが僕はいますぐ助けてほしい気分です。ほんとに。急いでくれよ。

掃除機くんはテレビデオと違い、陽気なリズムで声をあげます。「ウィーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!」掃除が終わり、再度内部を観察することに。ビデオデッキ部分はシルバーの箱に包まれていて、VHS自体を見ることはできない様子。このシルバーの箱さえ開くことができれば。

…無理みたいすね。何本か外せそうなネジはありましたが、打開策にはならず。気分は完全に日番谷冬獅郎つまり無能です。この時ばかりは日番谷冬獅郎のなりきりチャットでもうまく立ち回れたと思う。はぁ無能。

この時点でSONYへの憎しみは頂点へと達しました。そもそも、すぐバレるような場所にエッチビデオを隠している親父が悪いのでは?フェミさんならきっとそう言うと思うんですけどどうでしょう。エッチビデオの存在が悪い?そうですね。いっその事テレビデオ自体を破壊するのも考えましたが、それはそれでまずいというは中学生の僕でも気づくことができました。えらい。さて、この辺で腹をくくることにしました。

解決編(犯人死亡)

親父が帰ってきて、全てを話すことにしました。世界の真実を。

詰まらせた「麗しのキャンペーンガール3 私、ナンでもいいんですぅ…‼︎」は親父のお気に入りではなかったのか、あっさり許してくれました。ヤクザみたいな見た目なのに。おー神よあなたは存在した。ピグマリオンの願いもきっと叶うよ。

「父さんも中学生の時にはバリバリAV観よったけぇのぉ(広島弁)」いやそんな情報は必要ない。テレビデオからエッチビデオを救出する方法を教えてくれ。僕が持ってた斬魄刀(プラスドライバー)を親父に託してみたけど、結果は惨敗。結局母親にもバレてしまった。守秘義務。「麗しのキャンペーンガール3 私、ナンでもいいんですぅ…‼︎」はテレビデオとシンクロ率400%を超え、LCLの海に消えていきましたとさ。

後日談

なんだかんだでこのテレビデオはそのまま両親の寝室で使われ続けました。僕もたまに再生だけは可能な「麗しのキャンペーンガール3 私、ナンでもいいんですぅ…‼︎」を観て、元の位置に巻き戻しをしていました。親父が同じことをしていたかは謎です。

ある日、親父が新しいテレビを買ったと教えてくれました。どれどれどんなテレビかと両親の寝室に行くと、そこには真新しいSONYの液晶テレビが。ビデオの挿入口はなくなっていたため、それはテレビデオではありません。ただのテレビです。親父はどうやらこのテレビを僕に自慢したかったらしく当たり障りない返しをした気がします。どうやら何かのスポーツイベントに合わせてキャンペーンをやってたみたいで、買ったみたいです。釣られやすいですね。

…あのテレビデオは?

僕の大好きな「麗しのキャンペーンガール3 私、ナンでもいいんですぅ…‼︎」はどうなったのか。まさか捨てたのか。思わず、親父に行方を聞いてしまいました。

「あのテレビデオ捨てたん?」「あーあれなら1万円で下取りしてくれたよ」

ジャパネットたかたの方、申し訳ございません。そのテレビデオに詰まっているエッチビデオは僕のせいです。謹んでお詫び申し上げます。

https://amzn.to/2YfXppI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です