はじめてのオートチェス(其の壱)

簡潔に申し上げると布教するための記事です。読まなくていいからプレイして。

オートチェスって言ってもいくつか種類があるんだけど、ここで話すのは「Auto Chess:Orign」ってやつ。iOS及びAndoridでリリースされてて、最近PC版も出ました。この記事を書いている時点でちょうど1周年のイベントやってます。ちなみに僕はランクで言うとルーク9〜キング2くらいです。(今はルーク9)

どんなゲーム?

ざっくり言うと、ガチャで引いたモンスター(駒)をチェス盤の上に配置して戦って、自分含めて8人の中で優勝するゲーム。チェス盤に出せる駒の数は最大10体。駒には1〜5までのレアリティがあって、基本的には高いレアリティの駒のほうが単体性能は高い。同じ駒を3体集めると進化して強くなる。んで、各駒には「種族」と「ジョブ」がそれぞれ設定してあって、チェス盤に出す組み合わせによって「シナジー」が生まれて強化されます。

▲例えば上のソールテイカーっていう駒なら、「種族:ゴブリン」「ジョブ:アサシン」って感じ。ゴブリンもアサシンもチェス盤に3体以上出せばシナジーが生まれます。

ゲームの流れ

  1. 60秒の準備ターン…ここで駒を買ったり、チェス盤に駒を配置したりする。
  2. 60秒の戦闘ターン…対戦相手7人のうち、ランダムな1人と対戦。対戦は自動でやってくれます。負けると残った相手の駒に応じたHPが減る。60秒の設定ではありますが、全員の戦闘が終わった時点で終了。

基本的には上記の繰り返しで、HPが0になった人からリタイア、最後の1人に生き残ることができれば優勝です。戦闘ターンはラウンド表記となっており、だいたい30〜35ラウンドで決着します。ゲーム開始から決着まで30〜40分かかります。アホか。 僕はアホなのでどんどん時間を溶かしていきます。

このゲーム、駒スキンとかチェス盤とか、勝敗に関係ない部分でしか課金要素がないんですよね。初心者も上級者も全く同じ条件で戦えます。実際にはランクの概念があるのでマッチングはしないですけど。で、冒頭にもちょっと出てきた通り、戦う上で考える要素が多いすぎるくらい多いんですよ。勝敗を分けるのはこの多すぎる要素をいかに活用できるか、いかに知識量を持ってるか、がかなり明暗をわけます。このゲームの紹介記事を見ると、よく「麻雀に似ている」って言われるんですけど正にそうだと思います。麻雀はほとんど出来ないですけど。ロン!国士無双!ってやつですよね。麻雀も運の要素が強いゲームですけど、上手い人は上手いですよね。そういうことです。どういうこと?とりあえず、説明していきますね。

画面の見方的なやつ

さて、ゲームが開始されました。といってもこれはラウンド5の画面なんですけど。説明するのに都合がよかったので。大人の都合って嫌ですね。画像の中の番号に沿って説明します。

①自分のチェス盤

チェス盤自体は8*8ですが、手前の4列が自分のエリアです。ここに配置した駒がエイヤ!と戦ってくれます。配置は準備ターンにしか行うことができません。このエリアの中であれば自由に配置が出来ますが、最初はどこに配置していいかさっぱりだと思うんで、射程1の駒を前衛、射程2以上の駒は後衛って程度で大丈夫です。同じメンバーでも配置によって勝敗が違ってくるので、その辺は沼に沈んでからで。

②控えの駒置き場

この画像だと1体も置いていませんが、最大8体まで控えを置くことができます。チェス盤に出せる駒の数は決まっているので、後々出したい駒や、もしかしたら今後使うかもしれない駒なんかを置いておきます。ここの駒は準備ターンはもちろん、戦闘ターン中にも移動させたり売ったりできます。

③手持ちのゴールド

お金は大事です。現実と一緒。いやマジで。このゲーム、お金の使い方で全て決まると言っても過言ではないです。

お金の使い道として、「1.駒を買う、2.ガチャをリロードする、3.経験値に使う」の3つなんですけど、思った以上に金欠になります。現実と一緒。

お金を貯める方法としては、「1.毎ラウンド後に固定で5G、2.ラウンド勝利時に1G、3.連勝/連敗時にもらえるボーナス、4.手持ちのゴールドが10G以上の時に発生する利子ボーナス」があります。特に大事なのが4の利子ボーナスです。10G以上手持ちがあると、各ラウンド終了時に10%の利子が貰えます(端数切捨て)。最大で5Gまでボーナスが貰えるので、利子があるとないとじゃ全然稼ぎが変わってきます。

④発動中シナジー

現在発動中のシナジーが表示されます。画像で言うとゴブリンとアサシンのシナジーが発動しています。丸いマークが種族シナジー、六角形のマークがジョブシナジーです。とりあえず最初は同じマークの駒を揃えていけば大丈夫です。

⑤現在のレベル

この画像だとレベル5です。ゲームスタート時はレベル1からスタートして、最大レベル10までいけます。レベルの数だけチェス盤に駒を出すことが出来るので、レベルが高い方が当然有利です。ちなみに画面中央上にある「5/5」ってやつが「チェス盤に出している駒の数/チェス盤に出せる駒の数」です。オーバーすると赤くなります。ベタです。

レベル1からレベル2までに必要な経験値は1ですが、レベル2→3は2、その後レベルが上がる度に必要経験値が倍になっていきます。ラウンド終了時に経験値が1貰えますが、この経験値だけでレベルを上げようと思うとかなり厳しいので、ゴールドで経験値を買わないといけなります。

⑥対戦相手

ここに自分を含めた参加者一覧と、残りHP、レベル、手持ちのゴールドが表示されます。HPの多い順に並ぶので、それがそのまま現時点での順位です。

今日の纏め

とりあえず今日はこんなもんで。あえて説明してないことも沢山あるので、次回以降に持ち越します。

とにかく情報量が多いゲームなんで、ちょっとずつ慣れていくしかないです。最初は相手の駒なんて見なくていいんで、自分の駒だけ見て基本操作やら駒の強さやらシナジーやらを知っていけばいいと思います。利子なんかも最初は気にしなくていいと思います。

僕自身特別上手いわけではないんで、どこまで参考になるかは謎ですけど、オタクよろしく人におすすめするのは大好きなんでなにかあればTwitterで聞いてください。FF外から失礼してくれても大丈夫です。ではまたそのうち。