はじめてのオートチェス(其の弐)

此迄ノ荒筋

はじめてのオートチェス(其の壱)

ダウンロード(iOS):Auto Chess:Origin - Dragonest

ダウンロード(Android):Auto Chess

オートチェスをやれ。

駒について

今回は駒について説明しようと思います。2020年6月23日現在、全部で64種類の駒がいます。駒には1〜5までのレアリティがあり、基本的にはレアリティの高い駒(高い駒)の方が単体性能としては強く、購入する為に必要なゴールドも多いです、(レアリティの数値がそのまま価格になっています。)

駒にはそれぞれHP、攻撃力、物理/魔法防御などのステータスが設定されているんですが、とりあえずは覚えなくていいです。というかライトに遊ぶなら将来的にも覚える必要ないです。僕もいまだに「こいつは攻撃力高いよなー。こいつは攻撃間隔短いよなー」くらいにしか覚えてないです。大事なのはシナジーとスキル。これに尽きます。

同じ駒を3体集めると、ランクアップが出来ます。

▲ランクアップが可能になる場面ではわかりやすく光ってくれます。ちなみに今光っている"深海の歩行者"は強くてかわいいので好きです。

さらに、ランク2の駒を3体集めるとランク3になります。つまり合計9体必要ということですね(一部例外あり)。ランクが上がると、HPと攻撃力が倍になり、スキルも強くなります。序盤で重なった駒をベースに戦略の方向性を決めることは多いです。

各駒が持ってるスキルについては、攻撃系のスキルや補助系のスキル等、様々です。スキルには常時発動型の「パッシブ」、一定時間毎に発動する「アクティブ」の2種類があります。

▲最強5G駒のひとつ"闇のスピリット"のスキルは超強力で、もたせるアイテムによっては相手の駒がどんどん溶けていきます。

排出率と駒のプールについて

オートチェスでは、自分のレベルによって排出される駒のレアリティ及び排出率が決まっており、例えばレベル1(ラウンド1)だと1G駒の排出率が100%、レベル2(ラウンド2)だと1G駒70%、2G駒30%という感じです。当然レベルが上がれば高レアリティの駒が出やすくなります。基本的にはレベルを上げて強い駒を狙っていきますが、慣れていくと低レアリティの駒が多い構成にいく場合はあえてレベルを上げないという選択も出てきます。

レベル1G2G3G4G5G
1100%0%0%0%0%
270%30%0%0%0%
360%35%5%0%0%
450%35%15%0%0%
545%35%23%2%0%
633%30%30%7%0%
730%30%30%10%0%
824%30%30%15%1%
922%30%25%20%3%
1019%25%25%25%6%
各レベルの排出率

また、同じ駒の数は無限ではなく、ゲーム全体でプールが決まっています。例えば1Gの駒であれば全体で45体ですが、4Gの駒は全体で15体、5Gの駒は全体で10体しか出てきません。このように駒の数が限られているため、状況によっては欲しい駒を対戦相手に取られていて自分が取れないみたいなこともよくあります。構成が被っていると欲しい駒も当然被るので、慣れてくればその辺りも考慮しながら戦うようになります。

シナジーについて

駒単体で強い駒はもちろんいるんですけど、このゲームで勝つために大事なのは単体の強さよりもシナジーです。スク水+メガネとかそういう感じです。シナジーには「種族シナジー」と「ジョブシナジー」があります。いくつか紹介してみます。

ゴブリン(種族シナジー)

効果は「3:ランダムで見方の駒1体の物理防御が12上昇し、HPが10回復します。6:全ての味方の駒の物理防御が15上昇し、HPが10回復します。」というもの。3とか6っていうのは必要な駒の種類。ゴブリンシナジーは序盤から組むことができ、この記事を書いている現環境においては終盤まで強いシナジーです(若干語弊がありますがご愛嬌)。

メイジ(ジョブシナジー)

いわゆる魔法使い達です。効果は「3:敵の駒全体の魔法防御を35%下げます。6:敵の駒全体の魔法防御を90%下げます。9:敵の駒全体の魔法防御を150%下げます。」で、メイジの駒のスキルが魔法攻撃の為、揃えば超火力を出すことが出来ます。上に貼った"亀乗りの長老"はメイジ構成では必須の後衛で、この駒1体で5体以上倒すことも少なくないです。

プリースト(ジョブシナジー)

プリーストはちょっと特殊な効果で、「1:味方の棋士はダメージを2点以上受けた場合、味方棋士が受けたダメージの20%を防御します。2:棋士が2pt以上のダメージを受ける際、被ダメージの20%をブロックする:棋士が8pt以上のダメージを受ける際、緑のエッセンスを一個獲得する。」という効果です。表記の仕方がガバガバで気になりますけど、まぁ置いておきましょう。このプリーストシナジー、駒が強くなるわけじゃなくて、棋士(自分)自身の受けるダメージを軽減するというシナジーです。

こんな感じで、いろんなシナジーがある中で戦況に合ったシナジーを選択するのが勝利への道です。最初はなにがなんだかだろうと思うんですけど、ある程度「型」みたい構成は決まってるんで、一つずつ覚えていけばと思います。

今日の纏め

娘と庭でプールをしました。立水栓の蛇口を上向きにしてプシャーってやるととても喜んでいたので、最高の夏でした。おわり。